ビジネススタイルも大きく変わってきました。レンタルオフィスは現代のビジネスの効率化のために役立つ大切な役割の一つです。

最近のカーテンのタイプについて

最近のカーテンは、いろんな機能を持ち合わせたのが出てきました。昔なら、ただ生地が厚いか薄いか、色が濃いか薄いかくらいでした。

しかし、最近は遮光カーテンにしても、外からどれくらい見えないのか、レベルやタイプが選べるようになりました。完全に見えなくするのか、ある程度は人影が見えるのかなどです。

また、遮熱タイプもあります。本当に遮熱効果があるのかと言いますと、やはりその種類の物をつけるだけで、部屋の温度は2度くらい下がるので、夏場は少しではありますが、涼しく感じる方も多いようです。そして、遮熱の物でも更に遮光の機能を持ち合わせたものも売っています。

自分で作るカーテン

布があれば、自分でカーテンを作る事もできます。
こうでないといけないというルールは特になく、開け閉めが自由にできれば、後は自由に仕上げる事ができます。

一種類の布だけを使用して作るのもいいですし、何枚もの布を組み合わせて作るのもいいでしょう。

最初は完成後のカーテンのイメージを明確にしてから作るといいかもしれませんね。思いつきで作るのではなくてある程度の計画性があれば、失敗しにくいでしょう。普通の布でも作る事ができます。

切りっぱなしのまま布を使うとほつけてしまいますので、切った部分については折り返して縫うと、きれいに仕上げる事ができます。

リボンなどの飾りも積極的に取り入れたいですね。

ネットから購入するオーダーカーテン

オーダーカーテンはインターネットから購入する事ができるようになりました。そのため、お店の人とは直接話しをする事なく必要な事だけを入力して、相手に要望を伝えて購入する事もできるようになりました。

決まったものが欲しい方や、素早く注文したい方にとっては手軽に購入できるため非常に便利です。

しかし、自分でデザインを選んで部屋にぴったりのオーダーカーテンを注文するのが苦手な方は、無料で出張相談してくれるサービスをしているカーテン屋さんもありますので、ぜひサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

そのためにはサイト内から参考になりそうな情報をしっかりと読んで得ることが大切です。直接コミュニケーションを行う事がないため、見落としがない様にしないといけないですね。

カーテンとレースカーテンの組み合わせ

住宅の窓に取り付けるカーテンはレースカーテンと同時に利用することが多いのではないでしょうか。その場合はカーテンとレースカーテンがマッチするようなカラーやデザインを選ぶといいでしょう。

多くの人はそれぞれのカーテンを個別に購入する事が多いため、二つのカーテンの組み合わせに関してはそれほど意識していない人が多いようです。

しかし、できるだけカーテンとレースカーテンがぴったり合う物を選ぶと統一感が出て、きれいな窓を演出することができるでしょう。組み合わせは無数にありますので、好みのカラーやデザインを考えるといいかもしれません。

カーテンの関連記事

当サイト「LabOfficeRent レンタルオフィス研究室」へのお問い合わせはこちらから。賃貸オフィスや賃事務所、レンタルオフィスや大阪梅田の賃貸事情を中心にご紹介しております。オーダーカーテン専門店なら大阪、京都、滋賀、兵庫神戸、奈良、東京などの多くの地域に対応した出張訪問サービスがおすすめ。採寸から納品まで行ってくれます。詳しくはカーテン専門店へ。

ページトップへ戻る