ビジネススタイルも大きく変わってきました。レンタルオフィスは現代のビジネスの効率化のために役立つ大切な役割の一つです。

開業する時にレンタルオフィスだとお手伝いしてくれる事も

開業の準備をする場所としてレンタルオフィスを選択する人もおり、その際には登記の手続きなどやらないといけない事はたくさんあります。

登記などはすべて自分で行うという人は少なく、専門家に行ってもらうという人が多いみたいです。開業準備の時期というのはどんな人でも多忙になりがちです。

しかし、中にはレンタルオフィスが開業準備の際に必要になりそうな専門家の紹介を行ってくれるサービスもあります。本当に時間がなくやるべき事もすべてできていないという時に、開業のお手伝いを行ってくれるというのはとてもありがたいサービスですね。

便利なサービスのおかげでますます仕事がしやすくなりますね。

レンタルオフィスは都度借りる?契約する?

レンタルオフィスには沢山の使い方がありますが、どのような利用の仕方をするのが一番賢いのでしょうか?

まず使い方には2種類あり、カラオケや満喫のようにその都度、行きたい時にだけ利用分のお金を払って利用する方法と、1か月や3か月契約をして、その間に来ても、どれだけ利用しても一定料金で利用することができるような形態です。どちらの方がいいのかは人によって変わってくると思います。

例えば別に毎日利用したいわけではなく、2週間に何度か使いたいという時には都度精算した方が絶対に安いですし、毎日のように利用したいという場合には契約してしまった方が安いです。

レンタルオフィスとコワーキングスペースの違いについて

コワーキングスペースがレンタルオフィスと違うのは、オフィスが仕切られていないオープンな空間であるということです。

コワーキングスペースを求めるのは、会社に属せずに働く、フリーランスのデザイナーやプログラマーなど、新しい働き方をしている人達です。自宅やカフェで仕事をする事が多い人たちですが、一人の作業で孤独を感じたり、高速なインターネット環境が整わなかったりなどの理由でワーキングスペースを求めています。

また、コワーキングスペースは職場であるとともに、コミュニティースペースでもあるのです。共有で会議室を使用できるところもあり、クライアントと話し合いをしたいときにも重宝します。

レンタルオフィスは何ができるのか

レンタルオフィスは要するに借りることができるオフィスです。しかし、これは貸事務所のようなものでいて、実際にはやや違うことになります。

非常に短期的なことでもありますし、或いは敷金や礼金などはない、ということが多いです。また、OA機器なども事前にそろっていることが多く、そのまますぐに仕事ができるようになっています。

また、一時的にその場所を時間単位で借りる、というのもレンタルオフィスの一つのサービスです。会議室を借りるとか大きなスペースを借りてイベント的なことをしたりすることもあるのが魅力になっています。

レンタルオフィスの関連記事

当サイト「LabOfficeRent レンタルオフィス研究室」へのお問い合わせはこちらから。賃貸オフィスや賃事務所、レンタルオフィスや大阪梅田の賃貸事情を中心にご紹介しております。オーダーカーテン専門店なら大阪、京都、滋賀、兵庫神戸、奈良、東京などの多くの地域に対応した出張訪問サービスがおすすめ。採寸から納品まで行ってくれます。詳しくはカーテン専門店へ。

ページトップへ戻る