ビジネススタイルも大きく変わってきました。レンタルオフィスは現代のビジネスの効率化のために役立つ大切な役割の一つです。

カーテンの効果

カーテンの開け閉めは一日に何度も行う事があります。そこで、皆さんの自宅ではカーテンの開け閉めを行う時に音がしますか。

多くの場合はカーテンの留め具がカーテンレールを通過する時に何らかの音がする事が多い様です。中には。朝起きた時などにカーテンを開ける事も多いため、その音が不快に感じる事もあるようです。

しかし、静かにカーテンの開け閉めを行う事ができる非常に高機能のカーテンレールが販売されています。また、静かなだけではなくスムーズに開け閉めが行える事もあり更に便利です。

一枚のお気に入りのカーテンを一年中利用している人も多いのではないでしょうか。お気に入りの物があるならそれもいいでしょう。

しかし、何種類かのカーテンを用意しておいて季節によって変えるというのもいいでしょう。夏は暑いのでできるだけ部屋の中を涼しく保ってくれるカーテンは便利です。

また、冬になると寒いので今度は部屋の中を暖かく保ってくれるカーテンが必要になってきます。季節用のカーテンはその季節にぴったりの役割を行っています。カーテンを変えて省エネ対策を行う事もできます。

オーダーカーテン専門店

裏地が付いているものや花粉を防いでくれるものなど特殊な機能が付いているカーテンは普通のお店ではなかなか手に入りにくい事もあります。

そして、いいカーテンが見つかったとしてもちょうどいいサイズが見つからない事もあります。そんな時にはネットで購入する事もできるオーダーカーテンを利用するといいでしょう。

ネットで探してみるとたくさんの種類を扱う専門のお店も見つかります。きっと気に入った商品を見つける事ができるでしょう。

遮熱カーテンは使い方によって種類を選ぶ

遮熱カーテンは夏の強烈な日差しによる室内の温度上昇を防いでくれるものです。種類はドレープと呼ばれる厚手タイプと薄手のレース2種類あります。

ドレープカーテンでは厚手によって熱が室内に入らないようにする効果は薄手タイプよりありますが、日中でも室内が暗くなってしまって電気をつける事になります。とにかく遮熱をしたい機能性重視の場合にはおすすめです。

レースのカーテンでは、効果はドレープタイプより下がりますが、光をとりいれる効果があるので日中でも電気をつける事はありません。風通しもよく室温だけでなく換気も行いたい場合にはおすすめです。

可愛いデザインのカフェカーテン

最近の住宅には小さな窓がたくさんある家も多いようです。

窓は小さくても外からの視線が気になることがあります。でも普通のカーテンをつけるには窓が小さすぎる事もあるようです。しかし、どこでも簡単に突っ張り棒を利用する事で簡単にカーテンを取り付ける事ができます。

カーテンなどを取りつけることで、外からの視線を遮りつつ可愛い空間を演出してみませんか?

台所にある小さい窓ならカフェカーテンを利用すると便利です。可愛いデザインのカフェカーテンはたくさんありますので、他の家具などに合わせて選ぶといいでしょう。

窓からインテリアを変えてみてはいかがでしょうか。

カーテンの関連記事

当サイト「LabOfficeRent レンタルオフィス研究室」へのお問い合わせはこちらから。賃貸オフィスや賃事務所、レンタルオフィスや大阪梅田の賃貸事情を中心にご紹介しております。オーダーカーテン専門店なら大阪、京都、滋賀、兵庫神戸、奈良、東京などの多くの地域に対応した出張訪問サービスがおすすめ。採寸から納品まで行ってくれます。詳しくはカーテン専門店へ。

ページトップへ戻る